ランサーズ&クラウドワークスのトラブル回避! 良質クライアント&案件の見分け方

クラウドソーシングに手を出してみたものの……




 

みなさまこんにちは。minaです。

最近は知り合いの雑貨店からウェブサイト刷新の依頼など受け、せっせとタグ打ちしている私。

ウェブデザイナー&コーダーとしての個人デビュー!バンザーイ。:.゚ヽ(´`。)ノ゚.:。 ゜

移住したばかりの頃、竹富町の移住定住促進施策によるホームページ制作講座を受講させてもらったおかげです。

ありがたや……。

が、本来の本業はライター&エディターなので、本当はそっちの仕事も頑張りたいのですが、東京から遠方の地にいるとなかなかできる仕事も少なく、それだけでは食べて行けない現実……( つω`)ウッ

せっかく石垣島に移住したので、こっちに関連したライティング&編集の案件もやりたいんだけど、これまで仕事させてもらったのは「石垣市移住ガイドブック」の見開きページ(p2〜3)のみというw

ま、自身のHPも作りっぱなしで営業活動もしてないんで、自業自得なんですけどw

が、しかしですよ、やはり書かないと腕がなまる。

ブログは好きなこと書きなぐってるので、やはりちゃんとした文章とは違うし。

ってことで、ちょっと前に、クラウドソーシング「ランサーズ」クラウドワークスに登録したんですよね。



クラウドソーシング界のライティング単価が安い&トラブルだらけ

クラウドソーシングに手を出してみたものの……

 

クラウドソーシングサイトとは:
お仕事を依頼したい側と、お仕事を探している側のマッチングサイト。
探してる側は自分のプロフィール等を登録し、自ら仕事に応募したり、スカウトや相談を待ったりする。

登録はしたものの……掲載されている仕事の数々を見て、愕然としました。
ライティングのお仕事の単価が、恐ろしいほど低いのです。

3000文字以上で500円とか、一文字0.2円とかw

アフィリエイターの方々が自分のサイトに掲載する記事を「初心者歓迎!」で安く発注している案件が多い印象。

時給いくらだよーw。

まぁ、ライターの実績がない初心者さんが腕を磨いたり、文章を書くのが好きな主婦の方が趣味程度にやるには敷居が低くて良い面もあるのでしょうが……。

仮にも数百文字で数万円稼いでいたベテランライター(笑)のワタクシ、そんな値段ではキーボード叩けません( ・´)キリッ

てか、その金額で書くくらいなら石垣島の低時給バイト行った方がまだマシやろ! (゚▽゚*)

 

怠け者なのでそんなこんなでヤル気もわかず、両サイトともプロフィールを登録したまま放置していたのですが、時々来るんですよ。各サイトのクライアントからの「相談」が。

「相談」というのは、クライアント側が登録者に直接メッセージを送ってきて
「これこれこういう仕事何ですけど、やりませんか?」って相談してくるシステム。

舞い込んでくるのはウェブのライティングの仕事が主なので、やはり単価は低いのですが、時々「まぁやってもいいかな」と思える仕事のハナシが来ます。

が、ですね……私これでちょっクラウドソーシング不信になりかけています。。。

 

クライアントからギャラが振り込まれなかった……

ランサーズにもクラウドワークスにも、支払いを確保するための「仮払い」というシステムがあります。
クライアントは仕事終了後に支払うべき報酬をクラウドソーシングサイト側に預託し、仕事を受ける側は預託されたことを確認してから正式に仕事を受けるという仕組みなんですが、登録初期、私はそれを知りませんでした(TдT)

で、直接来た相談メールの「お試しライティング」(有料)に応じたのですが、絶対の自信作wであったにも関わらず、
「厳正な審査の結果、今回は継続してのご依頼を見送らせていただきます。」との返事が。
え!?嘘でしょ!?と思ったけど、まぁ食い下がっても仕方ないので

「ご連絡をありがとうございました。御社のご発展をお祈り申し上げます。」

とお返事しましたよ。
で、その後しばらくして「あれ?テストティングのギャラが入ってない…」と気づいて、ギャラについて問い合わせのメールを出したのですが、

全く返事なしw

で、改めてそのクライアントのページを見てみたら、

発注数も発注率もO……

詐欺プロジェクト

75人の人が正式に提案(テストライティング)して、一人も合格しないまま、プロジェクト自体がキャンセルされていました。

しかも、私のように「仮払い」システムを知らず、正式な発注がないままに納品してしまったアホちゃんは75人に含まれてないし。

これ、テストライティングを装って複数ランサーに記事を書かせ、全員不合格にするっている詐欺じゃろ……。

世の中、他人の時間とスキルを盗み取ってヘーキでいる人間がいると思うと気持ち悪いっす。

 

 

クラウドソーシングでは、クライアントを見極める力が必要!

 

もちろん、誠実なクライアントもたくさんいるんでしょうし、ちゃんと稼げてる人もいるわけなんで、たまたま運が悪かっただけとも言えるのですが、ネットでググると、クラウドソーシングのトラブルは少なくないようです。

中でも私のように、仮払いを確認せずに仕事を始め、納品後に音信不通というケースは意外に多いようなので、くれぐれも注意です!
基本、怠るべからず。

あとは、クライアントのページをちゃんと見て、良質クライアントを見極める目を養う、それしかないっすよね。

 

良質クライアントの見極めるためにチェックすべき項目

有料クライアントの見分け方

上記はクラウドワークスから引っ張ってきた、信頼度の高そうなクライアントのページです。
研究の結果w、このへんは↓はチェックすべき鉄板項目!

 

1. 発注実績数

新規参入クライアントさんには悪いけど、やはり実績がたくさんあると安心ですよね。

2. 評価の星の数

自作自演も可能なのであまりあてにならないけど、低いクライアントは論外!

 3. ランサー(受注者)からのコメント

これも自作自演可能だけど、発注実績も多くて良いコメントがたくさん並んでいれば、まぁ安心しても良いかと。

 4. 登録日

長く登録して継続的に仕事を発注してたら重ねて安心!

5. 会社概要の内容

これだけじゃ判断できないけど、やっぱり文章には人柄が滲み出るし、判断材料として重要。

6. URLが掲載されているかどうか

ある方がさらに安心

 7. 本人確認の有無

本人確認は、免許証のコピー等を提出させてクラウドソーシングの事務局側が行うので、確認済みの場合は未払いでトンズラの危険は限りなく低いと思っていいかと。

 

もちろん、新規参入のクライアントは1〜4は少ないでしょうが、それならそれでこのご時世、せめて5〜7(特に本人確認!)はきちんとしてる、それくらいの手間暇は惜しまないクライアントと仕事したいですよね。

ちなみに、ランサーズにも同じようなクライアントの詳細ページがありますので、どちらに登録するにしても要チェックです。

 

ワタシも、今後は本当に気をつけようと思います。。。

 

余談:沖縄の離島でウェブライターしてみる?

かなりの余談なのですが、西表島を含む竹富町では、数年前から移住定住促進プロジェクトが進行中。
今年はウェブライターの仕事を斡旋しています。

小耳に挟んだところによると、プロジェクトの請負会社がクラウドワークスランサーズから仕事を受注してきて、島在住のライターたちに仕事を割り振ってるらしいです。
もちろん、これだと直接クライアントとやりとりしなくていいし、未払いで逃げられる心配もありません^^
しかも、移住応援プロジェクトのお金で賃金を上乗せしてくれるらしいので、直接クラウドソーシングするよりも多く報酬がもらえるらしいです♪

実際に書いてる西表の友人の話によると、時給換算1300円はかなり無理らしいですがw、南の島への移住に憧れてる方、島でライターになってみてはいかがでしょう♪

しかし「文章力は必要ありません」ってww
仮にもライターなのにソレって。
せめて「ライティング初心者歓迎」とかにしてみては……(_╥)

竹富町ウェブライター募集