世界遺産・西表島を行く!南風見田の浜→船浮のイダの浜-4日間の冒険!(準備編)

ハイ、皆様こんにちは!
皆様とか呼びかけつつも久しぶりすぎて
誰も読んでないだろうなと
自虐的になりつつあるミナです。
本日は、試験的に改行多めで
綴らせていただきたいと思います。
たぶんこの方が読みやすいかな?

さてワタクシ、昨年末は手術など致しまして、
それに関連することなど
書こう書こうと思ってはいたのですが、
不出不精すぎて今に至ったりして。
ほんと日々ってあっちゅーまに過ぎすぎて、
最近はマジで人生最後の日を
意識するようになってきました。

最期の瞬間には
「やりたいことはやった!
あー、良い人生だった!(*゚▽ノ゚*)」

と思いながらアノ世に旅立ちたいと思っていますが、
その「やりたいこと」のベスト3に入るのが

冒険

です。

ハイ、40代も後半を迎えましたが、
私の胸を高鳴らすのは
ハイブランドの洋服でも宝石でもなく、
もっかい言うけど

冒険

です。ハイ。
日常とはかけ離れた風景を切り拓きつつハラハラしてる時間が
たまらなく好き!( ゚∀゚)

日常ももちろん愛しているけど
やはり人生にはヒリヒリ感も
大切だと感じるわけです✨

というわけで、今回、元シェアメイトのK君とともに
西表島へ冒険に行ってまいりました^^

あ、今回の記事は準備編、ある意味自分のための
備忘録なので、冒険の本編を読みたい方は
読み飛ばしてくださいne^^

1. 世界遺産の島・西表島とは?

みなさんご存知のように西表島は、先ごろ
世界自然遺産に登録されたことでも知られる、
八重山の離島です。
固有種のイリオモテヤマネコが棲んでるあの島です。
登録されてほしくなかったけどね😭

西表島の世界自然遺産登録推進はマジ愚行!登録して自然破壊推進しますか?

2018.06.08

石垣移住前は、この島に年2回訪れてジャングル探検することだけを楽しみに、
都会のコンクリートジャングルで働いておりました✨
まじ自然が素晴らしい島なんす。

ちなみに、西表島で私が一番好きな「ゲータの滝」↓

過去にも何回か、西表島に関することを書いてるのでお暇な方は読んでください^^

ゲータの滝(西表島)

西表島のジャングルに私が落として来たもの

2016.09.24

西表島の秘境・ウダラ浜への冒険

2016.07.05

ジャングルを求めて西表島に行ってきた。

2016.06.12

西表島はその面積のほとんどが山でして、
人が住んでいるのは西から東にかけての
海沿いのいくつかの集落だけ。

なもんで、Googleマップを見ていただいてわかる通り、
西表島の外周道路は島を一周していないんですね。

で、今回は、この道が途切れた部分を
踏破しちゃおうぜ!という計画です。

つまり、こんな感じ↓で
道なき道を数日ほど歩く、と。

西表島のマップ

スタートは西表島の南東にある「南風見田の浜」、
そしてゴールは陸の孤島・船浮集落の「イダの浜」です。
船浮からは船で白浜(道の西の果て)に戻ります。

考えただけでワクワクドキドキするでは
ありませんか……!✨ふふふ!!

しかし人の住んでないエリアを数日歩くわけですから、
準備は怠れません。
話をもらってから1ヶ月あまり、
地味に準備に精を出しました。

 

2. 冒険の準備

まず、情報は大切よね、だって山越えもするわけだし、
遭難したら洒落になりません (゚∀゚ )
人様にご迷惑はかけられないってことで、
まずはこのルートを踏破したことのある友人U
石垣島の大戸屋(あるんだよ!)で会ってご飯。
いろいろ教えてもらう。

Uは5日間かけて西表島を徒歩で一周した強者なのですが、
今回の冒険ルート部分は2泊3日で踏破したそう。
山越えで道に迷ったり、
マングローブの川を泳いで渡ったりしたそうな。
「いやー、結構キツかったよ?」の言葉に
内心びびる私。

が、私とK君チームは今回余裕を持って
3泊4日での予定を組んだので、
まぁ大丈夫だろ、と自分に言い聞かせた。

 

必須アプリ

YAMAP

Uから教えてもらったのですが、
地図をダウンロードすると
電波の届かなところでも自分の位置や
高度が確認できる優れもの。

これが本当に便利で、
自分が東西南北どっちを向いてるかまで分かるので、
山越えしてるときなど、本当にありがたかった。

あと地味に感動した機能が、道中で撮った写真を
アプリにアップロードすると
地図の位置情報と紐付けしてくれるところ。

無料で使える機能で十分なので、
冒険に行く人は絶対入れとくべき。

yamapのキャプチャー

YAMAP / ヤマッ‪プ‬ 登山地図・山登りGPSナビ

YAMAP / ヤマッ‪プ‬ 登山地図・山登りGPSナビ
開発元:YAMAP INC.
無料
posted withアプリーチ

 

潮汐なび

シュノーケリングの際にはいつもお世話になっている
アプリ「潮汐(ちょうせき)ナビ」

今回踏破する西表島の南側は、
山の斜面と海がせめぎ合ってる(平地がない)ので
干潮時にはリーフ(岩礁)を歩く予定のため、
これまた必須。
特に今回は大潮で海面の高低差が激しい時期なので、
これ見て出発時間を決めないと大変なことに。

潮汐ナビのキャプチャー

潮汐なび

潮汐なび

 

あとは、一緒に行くK君が
「知り合いのネイチャーガイドに話を聞いたのでバッチリです!」
と豪語していたので、大船に乗った気持ちで挑んだ私
(*゚▽ノ゚*)

 

今回新たに購入したもの

50Lのリュック

今回は4日間の旅ということもあり、
結構な荷物を背負わなくてはならないってことで、
登山用の大型(50L)のリュックを
某フリマサイトで中古で購入。

本当はもっと大きのにしようかとも思ったのですが
背負いきれなくては意味がないのでコレに。
荷物を入れて出発前に重さを測ったら15kgあって、
持ってみたところ背負って歩き続けられる限界って
感じだったので、結果的にこれでよかったです。

オスプレイのリュック

 

ソロテント

2〜3人用のテントは前から持っていたのですが、
今回は背負っていかねばならぬということで、
超軽量のソロテントをわざわざ購入。
縦長なので足を伸ばして練られるし、
組み立ても簡単なので重宝しました^^

 

エアーマット

しっかりした睡眠は冒険に欠かせないってことで、
マットも必須。
ポリエチレンのとどちらにしようか迷ったけど、
こちらの方が寝心地が良さそうなので決定。
足で踏み踏みすると簡単に膨らませられるタイプ。
今回は寝袋は持っていかず、トラベルシーツにくるまって
このマットの上に寝ました。結果的にちょっと夜は寒くて
後述のアウトドアブランケットもかけて寝ました。

 

シングルバーナー

やっぱねー、調理したご飯食べたいですし、
お茶も飲みたいですからね!
火は大切!火は文明のきらめき✨
折り畳んで小さくして
収納ボックスに入れられるので便利。

 

メスチン

メスチン(今回初めて知った名前)は、
キャンプっぽさに惹かれて買いましたが、
何気に役に立ったアイテム。
最初はコレに食材を入れて行って、
コレで調理して、食べ残したらこのまま
お弁当箱のように食材を保存して持ち歩ける
という優れもの。
取っ手をたたんでコンパクトにしまえるのもイイ。

 

モバイルバッテリー

写真もいっぱい撮るだろうし、
YAMAPを使うにも携帯は必須。
4回は充電できる大容量タイプを選択。
でもちょっと重たいのがたまにキズでした。

 

アウトドアブランケット

3月の沖縄なので寒くはないとは思ったのですが、
もし万が一、と思って購入。
結果的に持って行ってめちゃめちゃよかったです。
やっぱり天気が悪いと寒いし、寒いと寝られんから。

 

 

結果的に、持ち物はこんな感じ

今回は数日間の旅なので、装備はかなり考え抜きました。
これ全部で15kgになりました。

テント(一人用)
エアーマット
トラベルシーツ
着替え&タオル2枚(最小限)
レインポンチョ
アルミのアウトドアブランケット
サンダル

シングルバーナー
ガス缶2本(1本は予備)
メスチン
スプーン&フォーク

水(2Lペット2本、500ml1本)
浄水ボトル(※K君の持ち物)
調味料
(塩・オリーブオイル・ベゲタ 各少量、蜂蜜10mlくらい)
食糧(9回分:豆乳50mlパック1個、塩ラーメン×2個、冷凍ご飯1個、エリンギ4本、フリーズドライ味噌汁2個、ランチョンミート1缶、卵2個、バスタ&レトルトソース1回分、そうめん1回分、丸パン・菓子パン各1個、餅のレトルト1個、紅茶のTバッグ6、おやつ<ナッツや塩飴、フルーツバーなど>)

ジップロック
歯ブラシ
日焼け止め
お肌のお手入れ品
携帯電話
携帯バッテリー
ライター付き防水ミニライト

これらの持ち物に関する総括は、この冒険シリーズ最後に総括として書きたいと思います。

 

その他

今回のルート上では携帯電波がほとんど入らないと聞いたので、参考にしたいネット上の情報はスクショしておきました。

 

服装

服装は、こんな感じで出発です。
長袖のラッシュガードの下はタンプトップ
蛭避け&日焼け防止のためにスパッツ
大切なのは帽子フェルトブーツかな?
フェルトブーツというのは、底面がフェルトになっていて滑りにくい、沢登りなどに必須のアウトドア靴なのですが、海辺のぬるぬる地帯や、沢の苔ツルツル地帯を行くので必須です。

K君も、上は半袖ながらやはり脚はカバー、そしてフェルトブーツでした。
ちなみに本人曰く、お腹が出ているように見えるのは、リュックのベルトを
ぎゅっと締めているせいヽ(゚∀゚ゞ

 

3. てな感じで準備完了

準備の全貌はこんな感じ。
書いておいてナンだけど、同じような冒険に行こうとしている人以外には
全くどうでも良い記事スねw(; ・`ω・´)

本編に続く

1日目(南風見田の浜→名無し浜)

世界遺産・西表島を行く4日間の冒険!1日目(南風見田の浜→名無し浜)

2022.04.12




シェアしてくださるとうれしいわ!

1 個のコメント

  • おぉ、ワイルドですね。メスティンはこの前カインズで買いましたが、オートキャンプでゆるキャンなので、「軟弱!」と言われそうです。西表はハードルが高いです^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。