石垣島でユーザー車検(2)自分でやれば費用が格安ってホント?何すればいいの?にお答え

車検証と車




こんちは!

さてみなさま、2018の6月くらいのブログで「ユーザー車検の実体験を書く」と私がほざいたことを記憶でしょうか……?

石垣島でユーザー車検(1)前準備:沖縄県外ナンバーのままでも自賠責保険は安くなる!

2018.06.20

笑っちゃうほど時が流れてしまいましたが、やっと続き書きますよー(っ∀`*)っ

とゆうか、途中まで書いといて、下書きのまま忘れ去っていたのを、今日発見したのですw

なんで見つけたかというと、そうです、今回2年ぶりに車検の時期がやってきたからですw

2回も受けたので、しかも今回の記憶はまだ新しいので(笑)、詳細を数回にわけてじっくり語りたいとおもいます!

私、ユーザー車検を受けるまで、「車検」とは、

2年に一度10万円以上の支出を強要される、国の陰謀的イベント

……くらいにしか思っておりました。
なもんで、何がどう行われているのかも知らないままディーラーに丸投げしていたの日々。
石垣に越してきてまもない頃、軽自動車のデミオの車検に十数万払ったのも高いお勉強代でした…。

ユーザー車検は、かなり費用を削減できるうえ、なんだか自分の車に詳しくなれる(ような気がする)ので二重でウレシイ(*^∀゚)ъ
(費用の全貌はのちほど……♪)

前回は人様(仮名:車検の神)に手伝っていただいたので、今回は自分一人でできるように頑張ろうと思っていたのですが、なんと今回も神が一緒に行ってくださり、もう足向けてねられません。
でも次回(2年後)こそは、神にご迷惑をかけずにひとりで車検を通せるよう、自分に贈る備忘録もかねて、ユーザー車検をリポートしてみたいと思います。

ちなみに、私の車はデミオ(普通乗用車)です。
軽自動車とは車検の検査内容がちょっと違う(軽の方が簡単)らしいのですが、だいたい流れは同じかと思います。

 

車検ってそもそも何なの?

ユーザー車検おゆーものの存在を知り、もにょもにょ調べ出して衝撃を受けた一番の事実は、

車検のために車をプロに整備してもらうことは必須じゃない。

ということでした。

みんな知ってた!?私は知らなかった!😅

車検の正式名称は『継続検査』というらしいのですが、要するに車が公道を走るために「ちゃんとしてるかどうか」っていう検査(試験)を受けるのが車検。

てかワタシは、ディーラーや整備工場で「車を整備してもらうこと」が車検だと思っていたよ……。

違うんだね……。

極論を言えば、自分でパーフェクトな整備ができるなら、それでOK。車検場へ直行(あ、予約必須だけどね)!

車検場にはこーゆう↓感じで検査を受けるレーンがあります。

https://ishigaki.min-naraba.com/wp-content/uploads/2018/07/IMG_E6005.jpg

このレーンにさまざまな仕掛け(?)があり、車を進めて次々にブレーキだのライトの具合だのをチェックしてくわけです。

ユーザー車検をする場合は、もちろんこのテストを、自分で運転して受けなくてはいけません。

と、車検の基本がわかったところで、全体的な流れを見ていきましょう!

 

おおまかな車検の流れ〜

車検の期限のお知らせは、税金とは違って国や地方自治体から送られてはきません。

来るとしたらディーラーや販売店からなので、それをうっかり見逃すとワタシのように車検の期限を勘違い‥‥なんてこともあるかもしれないので要注意っす。

通常、期限の1ヶ月前から車検を受けられますが、石垣島など沖縄の離島では2ヶ月前から受けられるんだそうで。これマメな!(?)

もちろん、早く受けても期限が短くされたりなんてことはないので、慌てないためにも離島在住の方は早めに受けときたいですよね(←お前が言うな的な)

さて、肝心の車検の流れですが、車の状態に自信がある方はこんな感じ↓

  1. 車検をネットで予約する
  2. 予約日に車検場に行き、書類を書き込んでお金を払う(今後24ヶ月分の自賠責保険の証書も必要。私は修理工工場で支払い)
  3. 車検を受ける
  4. もし検査に落ちたら悪いところを整備する(自分でやるか、整備してくれるとこに持ってく)
  5. 再度試験を受ける
  6. 合格したら終わり(落ちたら再度整備して再チャレンジ)

もし一発で合格すれば4と5は不要。超シンプルっす!(*^∀゚)ъ

もちろん、最近車の調子が悪いなーと思ってる人は、車検を受ける前に自分で整備するなり、整備工場に持っていくなのどのメンテナンスをしてから挑まないと二度手間です。

当日なら何度検査を受けても無料ですが、発覚した悪いところの整備に時間がかかって後日再検査となった場合、再度検査代(1700円)もかかります。

何度も車検場に行くのも手間ですしね……。

まぁそこは、自分の判断次第です。

ちなみに、あとで詳しく書きますが、ワタシは前回2回、今回は1回検査に落っこちました(笑)

ユーザー車検でかかった費用!やっぱ安いよ!

前回と今回の車検(+税金)に要した費用を最初にご披露致しますと、

2018年
–税金&保険–
重量税  16,400円
自賠責保険    8,750円

–車検関連–
自動車検査登録印紙代 400円×2
自動車審査証紙代 1300円×2
車整備代 18,360円(内9000円は12ヵ月点検代)
————————————————————
合計 46,910円

 

2020年
–税金–
重量税  16,400円
自賠責保険    8,070円

–車検関連–
自動車検査登録印紙代 400円×1
自動車審査証紙代 1300円×1
車整備代 未定
————————————————————
合計 26,170円

こんな感じです!
2018年も安いですが、今年の値段、エッ!?って感じですよね。
実は今年、整備を受けずに車検を通したんですねー。

まぁ、2年間何の整備もしていないので、今後時間のあるときに自動車整備工場で見てもらうつもりです。
その金額も、後々追記しようと思いますが、とりあえず、車検を通すだけなら今回

26,170円で済みました。

ブラボー!ユーザー車検!⭐︎

さて、ちょっと急ぎの仕事があるので本日はここまで。
また遠からぬうちに続きを書きます。きっとね!

(●・∀・●)

 

帰り際に
ぽちっとお願い↓


人気ブログランキング