牛一頭がもらえる!?黒島牛まつりに行ってみた!




こんにちはー!ちょっと春めいてきた石垣からMINAです!
本州は花粉が飛びはじめて大変みたいですねー。
スギ花粉が飛んでこない石垣島、花粉症の私は本当に助かってます(*´д`)
花粉症に苦しむ人はぜひ移住をお考えください♪

ところで、私は昨日「黒島牛まつり」に行ってきました。
この祭、すごいんです。抽選があって、なんと一等には

牛一頭プレンゼント

されるんです!

牛まつりに参加するには

祭はその名の示す通り黒島で開催される、毎年恒例のお祭です。
参加するには「牛まつりのチケットくださ〜い」と、石垣港離島ターミナルでチケットを購入します。

牛まつりチケット

チケットは往復の乗船券+抽選券(これで牛が当たる!)+食事券の綴りです。
これで大人2,900円。

チケットが購入できるのは、安永観光(または共同運行の八重山観光フェリー)かドリーム観光の船のチケット売り場。
どの船会社も離島ターミナル内にチケットカウンターがありますが、こういう祭の際には、断然ドリーム観光がおすすめです。
なぜなら、ドリーム観光のカウンターが端っこにあるので観光客はあまり気づかず、行きも帰りも安永&八重観より空いてるから!
あと、弱小船会社ゆえか(失敬!)、サービスにタオルのプレゼントもあって得した気分♪

ドリームタオル

 

牛まつりレポート

黒島までは高速船で30分ほど。
港に入ると、牧草パックで作った看板(というかなんというか)がどーんとお出迎え。
どうしたって写真撮りたくなるスポットww

会場は、港から伸びる道路の先!
賑やかな音楽がここまで聞こえてきます。

港からの道

 

メイン会場の様子

メイン会場では朝10:00の開会式から始まり「牛まつり図画コンクール表彰式」など、島ならではのゆる〜い感じで進行していきます。
なので、私と友人はお昼前に島入りw
ちょうど琉球サンバユニット「宮城姉妹」のライブで盛り上がっていました♪

牛まつりメイン会場

会場には、その場で肉を購入してBBQができるスペースも。
肉好きにはたまりません。

私は懐が寂しいのでw、チケットに付いていた食事券で牛丼を食すことに。

現金で買うとするとこちらの牛丼、800円……。
牛丼チェーン店に親しんでいる身としては一瞬「え?」なお値段ですが、流石にお肉は力強い味で美味しかったです(* ̄∇ ̄*)
あ、ハートの人参に当たった人はラッキーだとかなんとか……w

ほかに牛のモモ肉焼き(大人気!)とか牛ソバとか牛汁とか、出店はかなり充実していました。
もちろんアルコールの販売もあるっす♡

ガレッジセールのお二人がやってるラジオ「ガレッジパーリー」の公開収録もありました。
この舞台、トラクターが引いてます。手作り感がたまりませんw

ガレッジパーリー公開録画

で、午後になると祭は一転して運動会の様相を呈してきます。
牛との綱引きとか(写真に牛が入ってないけどw)、牧草ロール転がしとか、カップルで牧草ロールを飛び越えるレースとか牛まつりらしい種目の数々w
しかも結構な雨の中、容赦無くスケジュールがこなされていきます!

私もちょっと参加したい気持ちはあったのですが、参加費が結構高い(例:牧草ロール転がし/1チーム5,000円)うえに、早々に受付が締め切られてしまうので、今回は見るだけ。

今年の祭のテーマ(あるんです)は何故か「女子力」で、綱引きに参加できるのは女子チーム(5人一組)のみだったのですが、牛の体重は700kg。
勝てるわけがないww勝ったら逆に女子としてヤヴァイです。
そんなわけで、ある意味出来レースですw

ちなみに、ガレッジセールのお二人も綱引きに参加しましたが、瞬殺。
この時彼らが着ていた繋ぎは、最後の抽選の景品になっていましたw
会場からに不満のざわめきが聞こえたのは空耳ではなかったはず( ´艸`)

 

サブ会場の様子

メイン会場でちょっと飽きたわ〜と思ったら、サブ会場へブラリ。
こちらでも「牧草ロールペインティングアート」(参加費1,000円、優秀作品に賞品あり)など、ゆるーくイベントが行われています。

牧草アート

さらに奥に進むと……今日のメインイベントである抽選会の一等賞品、

夢の牛

がそこに……!
おっちゃん、当選のイメトレでしょうか、牛を食い入るように見つめて離れません。
そして肝心の牛は、心なしかちょっと痩せてて元気がありませんw
気のせいかしら…そう、気のせいよね。だって「夢の牛」だもーん( ・・ )

その他、牛にエサをあげたり、

子牛にミルクをあげたりといった体験も楽しい♪

お子様たちもたくさんいて、みんな楽しそうでしたね♪
授乳室なんかもちゃんと設置されており、家族連れに優しい祭です。

 

そしていよいよ「夢の牛抽選会」

まつりは、「夢の牛抽選会」に向けて人々の熱気が増していきます。
パンフに載っていなかった地元の人々の踊りが抽選会の前にぶっ込まれ、見守る群衆の中から「牛はまだか」の声がちらほら聞こえてきます。
いえね、踊りは素晴らしかったよ!(っ∀`*)っ

でもね、帰りの船の時間もあるし、人々の頭の中はすでに「牛の抽選会」ではちきれんばかり。
熱心に見つめているようでありながら、皆の心、ここにあらず(゚▽゚*)

 

そしていよいよ、20分遅れで夢の牛の登場です!
トラクターに乗せられて華々しく登場!

 

ステージでは、7等賞からどんどん番号が呼ばれていきました。
時間がおしてるので、容赦ない読み上げ!
該当者がいないとあっという間に飛ばされていきます!
当った人は必死に手を挙げてアピール!!
熱い!会場の欲のボルテージはうなぎのぼり!!
私も、抽選券の半券を握りしめて祈りました!

牛!夢の牛……!。:.゚ヽ(´`。)ノ゚.:

牛まつり抽選会

一等の番号が読み上げられた瞬間、帰りの船に向かってダッシュした人々の群(もちろん私もその中に)のすごかったこと……!w

ちなみに「牛を当ててどうすんの?もらっても困るじゃん」とか思ってませんか?

違うんです。まぁ持って帰って育ててもいいんですけど、当てた後にはちゃんと業者(?)の人が寄ってきて牛を買い取ってくれるらしいんです。
つまり「夢の牛」は一瞬でン十万円の現金に変わってくれるという!!

抽選会を待たずに途中で帰ってしまう人々もいるので、確率としては見たところ1/2000くらいでしょうか。
宝クジとしては、かなり現実に近い夢です!(*´д`)o

嗚呼〜!当てたかった!喜びのコメントまでイメトレ完璧だったのに!w

以上、第26回黒島牛まつりの現場からでした〜。

動画と上記写真を繋げたyoutubeでもどうぞ⇩